軽度自閉症の子を持つ母の日記

3歳で軽度自閉症と診断された息子を育てています。

息子の問題点

最近、改めて息子の問題点が私の中で明確になってきました。
元々さほど問題行動(奇声を上げるとか多動とか他害とか)がなく、ただ漠然とおかしい、からスタートしていたのもあり、
バイオメドなどしていても次に改善すべきは何なんだろう、発達の遅れ以外に何が課題なんだろう、と思っていたんですが。
たぶん遅れがだいぶ取り戻せてきたような感じがしてきたからだと思うんですけど(取り戻せたとはちっとも断言できないのが悲しい)、問題点がわかりやすく目立つようになりました。
問題点は主に3つ。
①緊張がとにかく強い
②処理速度がべらぼうに遅い
③注意の維持が難しい
です。

①に関しては本当に今思うと漢方始めた時からの課題。
今は大柴胡湯も抑肝散も大人量飲ませているのにまだ足りないかー!という感じ。
私調べで息子に合いそうな漢方を足したりもしているんですが、まだまだ緊張しがち。
挨拶のために先生と向き合うだけで緊張するのは本当にかわいそう・・・。
バイオメドでもアプローチしているけれど。
漢方増やすか・・・?
療育では「繰り返して慣れれば多少は緊張が和らいでいく。繰り返すしかない。ただし、新しいことをやる度に新鮮に緊張する」と。
繰り返すってもパターンを無限に繰り返して慣れさせるなんて不可能だろう・・・。
多少は過去の事例から類推していけるとは言われたけれど。

②は本当にイライラする。
ひどいとトイレでお尻を拭くのに20分とかかける・・・。
療育では「丁寧でまじめな性格なのもある」と言われたけど、何するにもとにかく遅い。
手が止まるのもあるし、やりたくないからダラダラして逃れようとしているのもある。
でもそれ以上にとにかく遅い。
動作ひとつひとつも遅い、たぶん頭の回転も遅いんだと思う。
えーこれどうにかなるの・・・?

③、これは間違いなくバイオメドなどの後遺症?副作用?副産物?だと思う。
まだ息子のまわりに見えない膜があったころ、彼は周りに興味など一ミリもなかったので、注意を途切れさせることがなかったのです。
他に目がいかないから、与えられた課題を淡々とやり続ける。
ご飯を渡したら食べ続け、ペンと紙を渡せば延々殴り書きし、服を渡せば着替え、おもちゃに飽きることなどなかった。
だから食事に時間がかかって困るなんてことはなかった。
今はもう!
ご飯中だろうが着替え中だろうが目に入るもの全てに気を取られる。
しかもそれが気になるという衝動を抑えられずに手に取る。
場合によっては遊ぶ。
特に診断などしてもらってないですが、これたぶんADDというやつだな。
前も書いたけどDr.曰く「リカバリーへの過程。脳が活性化している証拠」、信頼している療育の先生が言うには「周りに興味が出てきた結果。療育で改善していきましょう」。
なので楽観していたけど、ちょっと(私が)疲れたわー。イライラするわー。

そして①と②と③の合わせ技もよくある。
例えばこの前は担当の療育の先生が急遽お休みで、慣れていない先生だった。
その結果①の緊張がいつもより強くなり、②の処理速度が悪化し、後半には緊張しすぎて疲れ果てて③注意が本当に続かなくなる・・・。
そして注意が続かないので気を取られて手が止まることが増え、一つの動作にかかる時間がより長くなる・・・。
負のスパイラル!
やばかった。
本当に何するにも時間がかかってイライラした。

そう、①②③、どの課題も最終的に「行動に時間がかかる」にいきついていきます。
小学校では休み時間に着替えたりトイレ行ったり場合によっては移動したりしなきゃいけないのにどうしよう!
支援学級でもこのスローさだとついていけないよ!
というわけで焦りがつのり、そのためにさらにイライラがつのり、というのが近況であります・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

方針、漢方バイオメドその他試行錯誤

ここ最近、バイオメディカル治療から少しだけ距離をおけないか模索しています。
いつかは卒業しなきゃなと思いつつ、それはあと5年以上先の予定ではあったのだけど。
息子の体内に入れていい薬、サプリの限界量を考えてギリギリまで飲ませる、というのが私の方針で。
で、肝臓やら体への負担やらを考えたときの限界がある以上、効果の薄いものを飲ませるのはもったいない。
その分の許容量で効果の高いものを飲ませた方がいいよね、と思いまして。
今までで一番効いたのは漢方だったので、まず漢方をどかんと飲ませ、それに+しても大丈夫な量のアメリカ的な薬、それでも余裕があったらサプリを飲ませようと。

バイオメディカル治療に関わるサプリは、言っちゃえば自閉症体質の改善みたいなところがあって、即効性があるとはあまり言えない。
と、思う。
サプリもね、効いたサプリは効いてるんですけど。
でも、効いたかわからんけどじわじわ体質改善みたいなサプリは、いったんお休みしてます。
徐々に増やしていくつもりではありますが。
だってあと一年で小学校だよ。気長にやってる余裕はないよ。

漢方はありがたいことにネットをよーく探すと体験談があったりするので、その体験談と飯田先生の本に載ってる情報と、あと専門家の知識をもとに種類を最近増やしました。
大柴胡湯+抑肝散の基本は大人量、プラスαにこれよさそうだなーと思ったやつを試しています。
今のところなかなかよい。
うちの息子はどうにも緊張というか警戒心が強くて、つねに自信がないタイプの自閉症だなと思う。
挨拶するのにも声がか細くなったり、新しいことにはチャレンジしなかったり、自信がない課題はふざけてごまかしたり。
人の目を見られないのも関係ありそう。
それが漢方を増やしたら若干マシになって、いろいろチャレンジするようになってきたし、自信がなくても取り組んでくれるようになってきました。
いやもちろん、去年たくさん療育増やしたので、その結果自信がついてきたってのはあるんでしょうけど。
緊張が強いのは本当にかわいそうなので、ぜひとも楽にしてあげたい。
漢方様様!飯田先生様様!

あと、緊張云々は神経発達の方面からも楽にしてあげられそうなので、花風社の本も参考にアプローチを始めました。
ただ緊張が取れても発達の遅れを取り戻すというか、認知を上げたりはね、バイオメドの一部の薬と療育(と悩トレ?)でしかできないので。
ひょっとしたらバイオメドの薬でもできないのでは・・・?という気もしますが。
バイオメドから完全に離れるわけではないです。
アメリカにもまだまだ行きたい。
療育も頑張らないと。
あとはうさん臭さもぬぐえませんが、IQを上げられないか模索して悩トレをしていこうと思います。

自閉症は漢方でよくなる! (健康ライブラリー)

自閉症は漢方でよくなる! (健康ライブラリー)



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

2年ぶり2度目のK式発達検査と今後の方針

約2年ぶり2度目のK式の結果が出まして。
総合の数値は10くらい上がりました。
特筆すべきは言語面の数値が30弱上がっていたというところですかね。
一方で運動が下がり、微細運動が伴わないために認知の数値も余り伸びず。
理解できていても指先の運動が追い付いていないとかなんとか・・・。
うちの子凸凹っていうか凹しかないんじゃねって思ってましたが、ちゃんと?凸凹してました。
まあ言語も別にキャッチアップできてはないんですが、数値が80超えたのでとりあえず言語面については(今は)深く心配するのはやめようかと。
ひとまず今後はとにかく運動を強化!
階段をひたすら上り下りし、体幹を鍛え、折り紙などで指先を鍛え、などしてます。
発達検査、現状を突き付けられるのですごく嫌だったのですが、今後やるべきことが見えてくるのでやって良かったわ!

あと、検査には関わらないことですが、今後はコミュニケーションスキルを上げてあげたいなー。
数値だけでいったら、生まれ月のことを考えると同じクラスの子からものすごく言語能力が劣るわけではないはず。
にもかかわらずうまくやれていなくて。
本人の仲間に入りたいという意志もみられるので、そういったスキル面の療育も検討してあげなくては。

そして就学についてはまだまだどうしたらいいのか・・・。
都内だけなのかな?就学相談は田中ビネーを基準にされるそうです。
言語が強いからK式より田中ビネーの方が良い結果が出るんじゃないか、と医師談。
まあK式であっても、田中ビネーであっても、現段階では知的障害はない(!?)との結果なので、特別支援学校進学の選択肢は消えました。
医師いわく、特別支援学校は知的障害のある子のための学校だから、とのこと。
特別支援学校が一番安心だよなーと思っていた面もあったのだけれど。
なによりこの子、高校はどうするの・・・?行けるの・・・?
特別支援学校の高等部の選択肢はないってあんたそんな。
そもそも知的障害はないってさー。ほんとにー?
今の数値は境界域にあたるそうで、いやいやどう考えてもこれさーって思うのですが、高機能自閉症ということになるらしい。
いや一年くらい前に受けた田中ビネーのIQもそうだったけど。
でもほんとにー?
自閉症と最初に言われたときは高機能自閉症にとても憧れたものですが、いやいや全然じゃんこれ!
高機能なら私安心して死ねるのかなと思っていましたがそんなこた全然なかった。
『知的障害はない』って幅が広すぎる。たぶんIQ93くらいはないと安心して死ねないのではなかろうか。
まあそんなわけで、特別支援学級が一番有力な進学先になりました。
でも特別支援学級は良くも悪くもほんとに運次第なイメージがあってなー。
先生方のレベルも均一ではないだろうし。
これから見学しまくりでよいところを探してあげなくては。
あとはインクルーシブ教育を謳っている私立も見学しなくては。
あとやっぱり高校くらいはいかせてあげたいというか、18歳までは学生やらせてあげたいので、IQを上げていくしかないわけですな・・・。
忙しいぞ来年度の私。
がんばれ私!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

心境の変化、愛について

妊娠中、クアトロテストを受けました。
年齢が若かったので新型出生前診断は受けられませんでしたが、受けられたなら受けたと思う。
もちろん、障害があったら堕胎と決めた上でのことです。
その結果が妊娠中にはわからない自閉症児なわけだから神様は見てる・・・。
賛否あると思いますし、現在生きておられるたくさんの障害のある方の生命を尊重し幸せを祈っています。
でも、私は精神障害持ちの家系に育っていることもあって、「障害がある子でも育てられる覚悟がないなら最初から妊娠するな」とか。
「障害があっても不幸ではない」とか、まあなんやかんやありますが、その手のフレーズには少しも心が動かされない。
いや正論ですけどね。
だってさー、マジでしんどいから!
少なくとも私は私に生まれてきたくはなかったし、
包丁振り回したりしないまっとうな親が欲しかったし、
家族=私に負担を負わせるものだって思ってたし、
だから結婚とか一生しない、ましてや子どもなんて一生持たないと決めてました。
それがついうっかり「仏のよう」と誰もが言う優しい人と付き合い、
あれ、この人なら私に負担かからないかも・・・と結婚し、
ひょっとしてこの人との子どもなら心を病むような思いをさせずに育てられるんじゃ・・・と出産しました。
私に育てられる子よりあの親に育てられた私の方がかわいそうじゃない?とも思って。
その結果私の血を色濃く継いだ(と思われる)自閉症児が生まれたわけですけどね!
そして私の苦労よりも、物心つくより前に胃腸炎やら自己免疫異常やらで身体的に苦しんでいた息子の方がかわいそうだと思いますけどね!
自覚なかったけどお花畑だった。
色ボケしていた。
自分の血筋を確信したので、うちは一人っ子確定です。
孫の顔も別にいいや・・・。
夫には申し訳ない。

で、ですね。
いろんな障害児育ててる方のブログとか読みますと、「出生前診断でわからなくてよかった」と書かれてるんです。
自閉に限らず。
「あー親の鏡だなー、私には無理だなー、今からでもタイムマシンほしいなー。
そうは言っても今目の前にタイムマシンがあっても『じゃ、今から昔の自分に会って子どもとかやめとけって言ってくるわ―』にはならないなー。
診断が降りた直後なら押しに行くのかなー、タイムマシン乗る前のお別れをすることを想像しただけで泣けるわ―」
っていうくらいのが半年ほど前の私の息子への愛。
タイムマシンなんて考えられない!とはならない。
でも診断でわかって堕胎しなくてよかった!とは言えない。
受容と愛と絶望がいったりきたりしている。
それくらいの愛。

それがですね、最近やっと、「産んで良かった、この子に会えて良かった。出生前診断でわからなくて本当に良かった」と。
思えるように!なったわけです!
ラクル!
結局はいないよりいてほしいし、笑ってくれたら愛しいし、会話するのが楽しいし、一挙手一投足がかわいくてしかたない。
バイオメドべらぼうにお金かかるし、仕事しながら療育通って毎日ヘトヘトだし、食事に気を使うのも大変だし、保育園で健常児との違いを見ては落ち込むけど。
その全部よりもなお息子への愛の方が大きいと、そう思うようになりました。
しんどいけど今は幸せだと断言できます。
でもそれもこれも改善してきてくれたからなんだろうなぁ。
コミュニケーションが取れるってすごい大事なんだと。
会話が成立しなかったとしても、こちらに何かしら反応をしてくれたらそれで愛が倍増します。
まだ息子の周りに見えない膜があったころ、その隙間から少しでも愛を吹き込むように、どうにか接していたことを思い出す。
あの頃は本当にさみしくて、だんだん疲れていって、お人形さんに衣食住を与えているような気分になって、返事がなくても話しかけるという努力もだんだんおざなりになっていって、でもたまに膜がないときは反応があるからやっぱり愛しくて。
膜がないときだけどうにか接していました。それしかできなかった。
あのまま日々が続いていたら、私はタイムマシンを切望したことでしょう。
無限の愛をあたえられる母もそりゃ世の中にはたくさんいるんでしょうけど、そういう方はとてもすばらしいと思うけれど、すくなくとも私はリターンのない愛を与え続けられるほど強くはなかった。
しかしこうやって書くと私が母として欠陥品なのは否定できないな・・・。
漢方があって、バイオメドがあって、おかげで膜が消えたので私は今やっと幸せです。
リカバリーするまで頑張るけど、リカバリーしなかったとしても幸せ。
息子も夫も大好き。
膜があった方が日々は楽でしたけどね!お人形さんだったので。

とまあ、長々と書き連ねたのは、決意表明というか、未来の自分への戒めというか。
2年ぶり2度目のK式を受けることになりまして。
結果が悪かったりしたときに、「こんなに頑張ってるのにキー!」と一気に絶望して産まなきゃよかったってならないようにというか・・・。
読み返すために・・・。
結局最後はネガティブで終わる。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

あれから2年

自閉症の診断が降りてから気がつけば丸2年が経ちました。
去年もブログを書いたし、毎年この時期は1年を振り返ろうかなと思います。
どんどん忘れるし、きちんと記録つけなきゃいけないのに日々忙殺されてるし。
年に1度くらいは。
去年のブログを読み返してみると、「(無理だろうけど)小学校までにはリカバリー間に合えばいいなー」とか書いてる!
いやまったく無理だ!
去年、平然としてるとは言ってもまだなんか縋ってたんだろうなとホロリ。
最近は「小学校までに」はあきらめて、支援級か支援学校か、はたまたインクルーシブ教育を謳っている私立か、とかぼんやりですが検討を進めてます。
見学とかは2月以降かなー。
私が仕事を続けられるような放課後デイとか学童とかも検討しなくてはならない。
今も相当忙しいのに来年度の私生きてるのか・・・?

さてこの1年間をまとめてみました。
【やったこと】
・療育を増やす
今年度は療育に力を入れると決めたのでね。
4月からなのでまた半年ですが、現在は4箇所に通ってます。
運動系2つ、生活全般にも関わる総合的なやつ2つ。
運動はとにかくたくさんさせたい。
今後プールとかもさせたいなー。
新しく始めた総合的なやつがすっごいいいです!
病院系で受給者証使えないので高いんですけど、それだけの価値はあった。
他県から年単位で待って通う人もいるとかいう施設。
後述しますが、ここでいろいろ教わってほんとできることが増えました。

・食事療法をもっと徹底
年始めくらいからかな、GFCFSF、ついでに魚や添加物の除去はもちろん、家で息子に与える食事は基本オーガニックにしました。
肉も抗生物質やらホルモン剤やら使っていない肉を使用。
でもうちは外食が結構多くて!
一週間に2度くらいは外食していると思う。
なお、外食時はGFCFSFができてればオッケー的な割り切りをしてます。
家のみオーガニックにしても、外食こんだけしてると安全なものしかあげてないって断言は全然できてないのが現状。
正直気休めなのでは・・・。
まあうちの息子はもともとキーキーなるタイプではないので効果は疑問が。

・漢方
あれこれ試行錯誤しながら続けてます。
とりあえず量は成人の約半分、大柴胡湯去大黄と抑肝散加陳皮半夏のミックスが現状。

・バイオメド
こっちも試行錯誤しながらまだまだ続けてます。
お金かかるけどなんだかんだで効果あるからやめられないー。
っていうかリカバリーするまでやめないー。
効いたり効かなかったり、効きすぎてよくわかんないことになったりしますが。

・家庭療育
頑張ったり面倒になってやらなかったり。
夏くらいからサボリがちなのでちゃんとやらねば・・・。
澤口式にならってキャッチボールを始め、できず、まず風船でひたすら練習したのが今年初め。
その後5月から通い出した療育で普通のボールでやり始め、ずいぶん上手になりました。
家ではキャッチじゃなくてバット振って当てたりもしてます。
澤口式はね、数字カードをやろうかなーと数日やって飽きてやらなかったり。
あれめんどい。楽しくない。
澤口式については、どうしてもできなかった折り紙が、長方形とか三角に折るくらいならできるようになりました。
これは旦那が教えたおかげ・・・。
私セラピスト向いてないわ。
折り紙ももっとやらなきゃなーとは思ってる。
なかなか時間と気力がないだけで!
澤口式ではないところでは、学研のドリルを2歳用から始め、3歳用、4歳用とやりすすめてます。
うちの子には公文のより学研のが合ってたみたい。
他にはビジョントレーニングをゆるくですがやってます。
視機能を検査してもらいに行き、検査すらできなかったのが2月だったか3月だったか。
そこでもらったプリントを元に。
10秒まっすぐ注視するってだけのことがいかに難しいか!
ビジョントレーニングの本も買ったけど活用できてない・・・。
でもいろんな方向を10秒見る訓練+キャッチボールのおかげで眼球運動はずいぶんよくなりました。
あと他にはipad買ってアプリでビジョントレーニングしたり、迷路の練習したり、脳機能バランサーなるものをやったり。
ipadは療育に向かう電車の中でやらせることが多いです。
この項目長いな・・・。

【やめたこと】
・公文
あんま効果なかったし、あとお金がね、もったいなくて。
いつかは再開したいなと思います。

【できるようになったこと】
・自転車に補助輪なしで乗れるようになった
平均台的なものを渡れるようになった
・片足立ちがしっかりできるようになった
・ブランコの立ち乗りができるようになった
・キャッチボールができるようになってきた
運動的にはこれくらいかな。
まだあるかな。
再渡米した際にDr.に言われたのが「まだまだ低緊張だけどかなり良くなってる、前はほんとひどかった」的なことでした。
確かによくなてきました。
触って筋肉はわかるようになってきたし。
新しく通い始めた総合療育で結構筋トレ的な宿題が出るので、それも良い効果が出てるとは思います。
でもまっだまっだ!

・ひらがながかなり読めるようになった
今40文字弱かな。
もう簡単な絵本とか読めるはずって療育の先生に言われたので、絵本強化中です。
あとカタカナはまだ早いって教えないようにしてるのですが、「トイレ」とかよく見かけるカタカナは覚えてきてます。
地味にアルファベットを覚えつつあるのが謎。

・数量が数えられるようになった
5月の段階ではなぜか「4」と「6」がごっちゃになっていた息子。
どれだけ教えても数量がわからなかった息子・・・。
目視で数えられる4以上の数はわからなかった。
いーち、にー、さーん・・・ろーくって一緒に数えて、さあいくつだった?と聞くと
わかんない!と答えていた。
「さっき6って言ったじゃん!6で終わったら6個なんだよ」と何度教えても理解できなかった・・・。
あれはすっごいイライラした。
それがなんということでしょう!
新しく通い始めた病院系の療育の先生に教わったやり方を試したら即できるようになったではありませんか!
10まで数えられれば今はいいかなーと思ってしっかり確認してませんが、とりあえずこの前13までは数えていた。
あそこの療育はほんっとにすごい。
持っているメソッドがすごい感じがする。
あと私にはセラピストの才能がないんだな・・・。

・数が100までは読めるようになった
これも突然にできるように。
お風呂にセリアの数字シートを貼ってますが、やったりやらなかったり。

・真似して書くことが若干できるようになった
左の四角に引かれている線と同じものを右の四角にも引きましょう、的な。
この説明で伝わるのだろうか・・・。
ビジョントレーニングの一環みたいですが。
これも最初ほんとにできなくて!
できないっていうか「同じに書いてね」が理解できなかったみたいで!
しかし先ほどから大絶賛している療育でレベルを下げて「同じ場所にシールを貼る」ところから始めたら理解できた模様。
あそこの療育はスモールステップがとても上手いと思う。
私には息子が理解できてないことがわかっても、どうレベルを下げたらわかるレベルになるのかがわからない。
折り紙なんかでも印をつけたらできましたよ!とか。
ほんとうにありがたい。

・言葉がとても増えた
もうすっごく話します、最近。
何語文が出たなーとか数えるのもやめました。
病院系の療育の先生にも言語は強いと言われました。
去年から通っていた療育の先生にも「言葉がほんとに増えたね、まだ薬とかサプリとかやってるの?」と聞かれたので、予想以上の伸びなんだと思います。
嬉し―。
ただSTの先生によると、発する言葉はかなり上手だけど、聞く能力は発語ほどではないと。
だから同じノリでこっちも話すと理解できないことがあるので、わかりやすく話してあげて、とのこと。
そうなのか・・・。
その時は集中力がないから聞き通せてないだけじゃね?って思ったんですが、そもそも聞く集中力が保てないっていうのが聞く能力が低いってことなのかしら。
集中力はバイオメドでもいろいろ試しつつあるので、そっちも並行してやっていきたい。

・トイレトレーニング完了
ほぼ。
油断するとやばいですが、まあ完了でいいでしょう。
おねしょもなし。
保育園でも先生にトイレと宣言してから行くようにやっとなってくれました。
長かった・・・。

・お友達との関わりや興味が増えた
と思う。
今日は誰と遊んだのー?と聞くと、「〇〇ちゃん!」と固有名詞が返ってくることが増えました。
逆に「1人になっちゃった。悲しかった」と言ってきたり。
特定の仲良しさんはまだいないですが、その場にいる友達となんとなくでも遊ぶことは以前よりできているような気がします。
病院系の療育でも1個上のお兄ちゃんとよく遊んでて嬉しい限り。

・最近癇癪起こしてない
気がつけば癇癪起こしてないです。
いつからだろう。
泣く時も、悲しいことがあってメソメソするか、悔しいときに悔しそうに泣くかっていう感じで、声を上げてワーワーギャーギャーしない。
私は食事療法のおかげかもって思ってて、旦那は漢方じゃねって言ってて、まあ運動しまくってるおかげかもしれない。
とにかく育てやすく扱いやすくなったなー。
ああ愛しい。

【まだまだできてないこと】
・基本的な集中力がなくなった
間違いなく悪化してます。
パンツ履きかけて片足通してそのまま違うことやり始めたり。
すっごいイライラする。
一方で過集中的な面もあったり。
「以前に比べて周囲への興味が出てきた結果」by病院系の療育の先生
リカバリーへの過程で脳が活性化されてADDっぽくなることがある」by DR.
というお話で、まあここを抜けたらかなりリカバリーに近づくのかなと楽観はしてます。
イライラするけど。
そうは言っても集中力をつけるために療育もバイオメドも今後もがんばるぞー!

・視線が合わない
どうしても顔をそむけたがる。
私相手だと室内ならだいぶ合うけど、外出先だと全然ダメ。
私以外相手だとどこだろうと全然ダメ。
ちらっと合うこともあるらしいけれど。
もう顔をそむけさえしなければいいんじゃないって思う。
目を見るなんて私もこわいよ。
ほんっとにうちの息子にはオキシトシンが効かないわ。

・なんかトロい
頭が悪いからか?動きがのさくさしてます。
かなりマシにはなったけど。
自信がないからチンタラしてごまかそうとしてる節がある。
これは違う問題かもだけど、運動会のダンスとか周りを見てから動くので常に一拍ずれている。

以上がこの1年の総括ですかね。
長くなった・・・。
こうやって書きだすと私頑張ったな!
息子も頑張ってる!
まだまだ走り抜けるぞー!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

漢方について

もうタイトルがどうしたらいいのやらりん。
漢方をこそっと倍量してみたらいい感じとこないだ書きましたが。
なんか息子がアトピーっぽく!なりました。
この段階ではアトピーとは言えないが体質としてその傾向はある、とのこと。
もうなんか肌ガッサガッサ。
漢方倍量→自閉っぽさはなんかいい感じ、だけど同時に軽い肌荒れ?乾燥かな?→みるみる悪化してアトピーっぽい!
です。
あまりにも時期が一致してるので大柴胡湯の副作用を調べたら「発疹・発赤、かゆみ」がありました。
やべー。
まあ「発疹・発赤、かゆみ」がイコールアトピーじゃないんですが。
かゆいから掻いて上皮がはがれて体内にいろいろ入りやすくなっちゃってマスト細胞破裂云々かもしれないなーと。
出たよマスト細胞!
アトピーもマスト細胞かよ!
そんなわけで今は一時的に漢方中止してます。
適量を守るべきであった。
で、中止したらやっぱり自閉感が・・・。
なんか、プレイベースの運動療育で勝手に電車ごっこを始めて延々ホームで流れるアナウンスを言い出したり。
別に遊んでいい場面じゃないときに独り言をするわけじゃないんですけど、
だから療育の先生も普通に電車ごっこの相手をしてそっから運動に持って行ってくれるんですけど。
親の目から見たらわかるけど親の目からしかわからない後退です。
前の断薬期と同じく、能力的な後退はないんだけど、自閉感が強いとやっぱり成長が阻害されると思うので、肌が落ち着いたら少しずつ様子を見て漢方は再開します。
やめてみるとやっぱり漢方ってすごいなって思う・・・。
飯田先生すごい。

あとマスト細胞の安定化を図るためにサプリも導入しました。
血液脳関門がリーキーなんじゃねーのってあんまり心配したことなかったので、今まではマスト細胞も意識してなかったけど。
いい感じに効くといいなー。

自閉症は漢方でよくなる! (健康ライブラリー)

自閉症は漢方でよくなる! (健康ライブラリー)


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

漢方の効果(そのいくつめだったか)

ここ数日、こっそりと処方されている漢方を倍量で飲ませみています。
倍量しても成人の三分の二ですが。
もともと飯田先生の本からしてたくさん飲ませなきゃ意味ないんじゃないかなーと思っていて、でも病院で処方してくれる量は息子の体重相当でしかなく。
夏の間嘔吐しまくりで薬飲めなかった分が余っていたのでね。
ほんとはこんなことしちゃいけないんでしょうけれど、そこはもうこんな治療している以上は自己責任と肝臓の数値などの経過観察をしっかりするということで。

で、倍増してみた結果ですが。
・飲ませて数日したらものすごい量のウンチが出た。わーたくさん出たねーっていう会話を1日に4回した。
・なんだか表情が明るく、その日はSTの先生との面談があったのだけど、よく話し、会話のキャッチボールも以前よりよくなっていた。
・その後公園に遊びに行ったところ、ジャングルジムを一番上まで登れるようになった。
・家でのビジョントレーニング、澤口先生の数字法にいつもよりよく取り組めた。
という。
ここのところバイオメド的なアプローチは以前から変えておらず、むしろアルツハイマー薬をやめていたので漢方のおかげだと思われます。
思い返してみれば、この「数日したらウンチどっさり」→「なんか良い変化」っていうのは漢方を始めた時にもあった。
どうも息子は漢方リスポンダーな気配がする。
数日で効果が出るっていうのは漢方的にも珍しいケースなはず。
漢方を自費でやるには他の薬が高いし、やはり自己判断で倍量するのは怖いので、もう少し量をたくさん処方してくれる病院を見つけたい。
今の先生ものすごい良い先生なんだけどなー。

ちなみに今飲んでるのは飯田先生の本の処方+陳皮半夏です。
大柴胡湯と抑肝散加陳皮半夏を混ぜて飲んでいる。

アマゾンでもあるんだよねー。
最悪自費でプラスもできるんだよなー。
漢方はメーカーによって合う合わないがあるらしいけど病院で処方されてるのもツムラだったりするしなー。
ううむ。

自閉症は漢方でよくなる! (健康ライブラリー)

自閉症は漢方でよくなる! (健康ライブラリー)


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村