軽度自閉症の子を持つ母の日記

3歳で軽度自閉症と診断された息子を育てています。

足裏マッサージの効果?

診断がおりてから真っ先にしたことは、足裏マッサージでした。アマゾンのレビューから「足裏の汚れが万病の原因だった」に自閉傾向が治った例があると知り、もともと本は買っていたのです。診断がおりる前から、たぶん自閉症だろうとは思っていたので(そのころはグレーゾーンに収まるだろうと信じていた…)。療育についての相談もまだまだ先だし、他にできることもなく。

ちゃんとしたプロの施術はまだ受けていないですが、開始して5日で、マスコット3体を使ってオリジナルのごっこ遊びをするようになりました。それまでのごっこ遊びは「あんぱーんち!」「ばいばいきーん」程度か、せいぜいがジャムおじさんの台詞の「バタ子や、」を「ママ、」に言い換えただけの遅延性エコラリアだったのが、「チョコをちょうだい」「どうぞ」「ありがとう」「カレーライスをどうぞ」「ソフトクリームも」としていたのです!(カレーパンマン、ソフトクリームを舐めているコマさん、チョコ棒をもっているジバニャンの3体でした)私は嬉しくて泣きました。もうこの3体は記念に捨てずに取っておくことが確定です。可愛いし。

夫に話すと、足裏のおかげというよりは成長のタイミングじゃん?くらいの反応でしたが、私は足裏を半分くらい信じてます。

診断がおりてから、服のボタンの開け閉めを夫が本人に教えたのが残り半分かなぁと。

あまり胡散臭い健康法は信じていなかったのですが、足裏というか、マッサージについては自閉症発達障害へプラスの効果があるのの論文を見かけたので、やっていこうと思います。皮膚感覚を刺激するのには意味がある。きっと。

あ、実はまだ診断がおりて1週間がすぎたところです。小さい変化に一喜一憂している自覚はある。足裏に縋りたいだけなのかもしれない。でも記録は残そうと思います。